Profile

藤原いくろう / IKURO Fujiwara

「音楽にジャンルは無い」と語る藤原は、ポップスとクラシックを融合するオーケストレーションを得意とし、ピアニスト、指揮者、作編曲家としてアーティストへの楽曲提供や映画のサウンドトラックなど幅広く活動する。

ゲーム音楽のレコーディングを機に渡ったモスクワで、指揮者コンスタンチン・D・クリメッツ氏と出会い、その後の音楽活動に多大な影響を受けることとなる。2005年に開催したモスクワでのピアノソロ・コンサートでは、日本人によるオリジナル楽曲でのコンサートとしては異例の功績として評価を受け、2007年にはカリーニングラードで開催されたオルガンコンクールにも招待を受けゲスト演奏を務めるなどその後の親交も厚い。

近年活動のフィールドをアジアにも広げ、韓国ドラマ「冬のソナタ」の劇中曲「Deep Sea」の提供をきっかけに、自身のアルバム「町」と「Tenderness」が韓国でもSMエンタテインメントよりリリース。ピアニストとして2007年11月釜山「Busan Cultural Center」、ソウル「Art Hall BOM」、2008年4月シンガポール「シネマ・オールド・スクール」にてソロ・コンサートを開催。また2007年11月に指揮者としては上海の日中音楽祭にて東京ニューシティ管弦楽団を指揮。

2008年公開韓国映画「ソウルが見えるか?」(ユ・スンホ主演・ソン・ドンユン監督)、中国映画「画皮 あやかしの恋」(陳嘉上(ゴードン・チャン)監督・甄子丹(ドニー・イェン)主演)でも音楽監督を務め、2009年4月19日に行われた香港のアカデミー賞と呼ばれる第28回香港電影金像奨の授賞式において最優秀主題歌賞に主題曲「画心」が選ばれた。香港映画100周年の歴史上、最優秀主題歌賞に日本人が受賞したのは初めて。また同作品では長春映画祭で最優秀映画音楽賞(金鹿賞)を受賞。陳嘉上(ゴードン・チャン)監督作品では2011年に映画「画壁」でも音楽監督を務める。また中国映画としては「関雲長」(2011年)の主題歌の作曲も手がけ、胡玫監督のドラマ「曹操」の主題歌「侠骨柔情」は、2013年マカオテレビ祭の最優秀影視曲歌唱賞を受賞した。日本国内のみならず海外での活動は高く評価され、2014年香港電影金像奨の海外審査員に特別選出されている。

1998年よりスタートしたフルオーケストラとポップスアーティストの完全コラボレーションコンサート「シンフォニックA」プロジェクトでは、中森明菜(’98) 姿月あさと(’01) 岡本真夜(’01) 森進一(’02) YOSHIKI(’02) 今井美樹(’04) 飛鳥涼 (’05) KIRITO(’06) 平原綾香(’07) 絢香(’09) GARNET CROW(’10) 倉木麻衣(’11, ’12, ’13)のコンサートをプロデュース。音楽監督、指揮者、ピアニストとして参加。2008年ASKAシンフォニックアジアツアー(シンガポール・バンコク・上海・香港)には音楽監督・指揮者として参加し、現地のオーケストラとコラボレーションを魅せる。同年秋の国内5大都市アリーナツアーにも参加した。

藤原のアレンジをよりクリエイティブに具現化するために、国内の若手演奏家を集めた「ミールストリングス」を主宰し、2010年にはGACKT主演の舞台「眠狂四郎」の音楽制作に参加。2012年、LUNA SEAのシングル「THE ONE - crash to create -」また2013年にアルバム「A WILL」もストリングスアレンジで参加。2013年9月に発売されたYOSHIKI「YOSHIKI CLASSICAL」にはオーケストレーションを手掛けた楽曲が収録された。ロシア サンクトペテルブルクで開催される日露文化交流イベント「ロシアにおける日本の春」では、2013年由紀さおり、2014年4月岡本真夜、2015年4月井上あずみ、谷本貴義コンサートへのオーケストレーションとピアノで参加している。

国内でのドラマ・映画に関する近年の代表作品としては、フジテレビ系月曜夜9時ドラマ「愛し君へ」、読売テレビ・日本テレビ系「デカ☆黒川鈴木」、映画「カーテンコール」、東映系映画「同じ月を見ている」「Dear Friends」。 木村祐一初監督作品「ニセ札」「オムライス」、松竹系「ヤッターマン」(アレンジ)など、ほかにも多くの映画やアーティストのレコーディング、コンサートへ参加している。

さらに近年は、2014年、2015年と2年連続で、日本テレビ系音楽特別番組「THE MUSIC DAY」にてオーケストラとポップスアーティストとのコラボレーションをする企画にアレンジ・指揮で出演。2014年は、玉置浩二、華原朋美、スキマスイッチ、倉木麻衣と、2015年は、小林旭、一青窈、ゆず、平井堅と共演をした。

2014年11月には、LUNA SEA公認として19年ぶりのアルバム「SYMPHONIC LUNA SEA - REBOOT -」にアレンジ、指揮で参加し話題になっている。オリジナルアルバムとしては音楽で紡ぐ四季シリーズ「quatre saisons series」をリリース。秋「Scénario de la saison –automne–」、冬「Scénario de la saison -hiver-」、春「Scenario de la saison -printemps-」、夏「Scenario de la saison –été-」をそれぞれ発売。豪華ゲストとのコラボレーションも大きな話題となっている。


“Music has no genre,” says Ikuro Fujiwara, a talented musician who fuses pop with classical and plays a wide range of roles from pianist, conductor, and composer to creating songs for artists or television and movie soundtracks.

Ikuro has had a strong relationship with Russia throughout his career. His musical activities were greatly influenced by the composer Konstantin D. Krimets, whom he met in Moscow where he had gone to record music for a video game. In 2005, Ikuro performed at a piano concert held in Moscow—a concert with his original music, an unprecedented achievement for a Japanese person, earning him acclaim, and in 2007 he accepted an invitation to make a guest performance at an organ competition held in Kalingrad. Such is the depth of his relationship with Russia.

In recent years, Ikuro has broadened his efforts toward Asian countries. The success of his song “Deep Sea”, used in the popular Korean drama Winter Sonata, led him to release his own albums, Machi and Tenderness, under the Korean label SM Entertainment. In November of 2007 he went as a pianist to the Busan Cultural Center in Busan and Art Hall BOM in Seoul, and in the same month he conducted for the Tokyo New City Orchestra in Shanghai for a Japanese-Chinese music festival. In April of 2008 he went to Singapore’s ‘Sinema Old School’ to perform a solo concert.

Ikuro worked as musical director on the 2008 Korean film Unforgettable (starring Yoo Seung-ho, directed by Song Dong-yoon) and the Hong Kong film Painted Skin (starring Donnie Yen, directed by Gordon Chan). On April 9th, 2009, Painted Skin’s theme song “Painted Heart” won Best Original Film Song at the 28th annual Hong Kong Film Awards (often called the Academy Awards of Hong Kong). This is the first time in the 100-year history of Hong Kong film that a Japanese has won such an award. Ikuro also received the Golden Deer award at the Changchun Film Festival for Best Original Film Score. He also worked as music director on Gordon Chan’s 2011 film Mural. Also in Chinese film, Ikuro has worked on the theme song of The Lost Blademan (2011) and won the award for Best Original Song at a television festival in Macau for the theme song “Xiá Gǔ Róuqíng”of the drama Tsao Tsao directed by Hu Mei. Ikuro’s activities have earned him acclaim not only in Japan but overseas as well, and thus he was specially chosen as a foreign judge for the 2014 Hong Kong Film Awards.

Starting in 1998, Ikuro has produced concerts for his “Symphonic A” project, in which pop artists collaborate with a full orchestra. Some of the artists he has collaborated with include: Akina Nakamori (1998), Asato Shizuki (2001), Mayo Okamoto (2001), Yoshiki (2002), Miki Imai (2004), Ryo Aska (2005), Kirito (2006), Ayaka Hirahara (2007), Ayaka (2009), Garnet Crow (2010), and Mai Kuraki (2011, 2012, 2013). He has participated in the shows as musical director, conductor, and pianist. For Aska’s 2008 Symphonic Asia Tour (Singapore, Bangkok, Shanghai, Hong Kong), he worked with local orchestras as the musical director and conductor. The same year he played 5 major cities in Japan with the Arena Tour.

To further his creative endeavors beyond arrangement, Ikuro has brought together young musicians from Japan to form “Mir Strings”, over which he presides. In 2010 they worked on the score for Nemuri Kyoshiro, a play starring the artist Gackt. They also participated on the string arrangement for Luna Sea’s single “THE ONE – crash to create –“as well as their 2013 album “A WILL”. Yoshiki’s 2013 album “YOSHIKI CLASSICAL” includes music orchestrated by Ikuro. At “Japanese Spring in Russia”, a Japanese cultural event in St. Petersburg, he did orchestration and piano work for Saori Yuki in 2013, Mayo Okamoto in April of 2014, Azami Inoue and Takayoshi Tanimoto in April 2015

The following represent just some of Fujiwara’s work on domestic television series and movies. Fuji Television’s Monday night drama Itoshi Kimi e, Yomiuri Television’s Detective Kurokawa Suzuki, the movie Curtain Call, the Toei movie Under the Same Moon (Onaji tsuki wo miteiru) and Dear Friends. He also worked on the music for Nisesatsu, which is the first film directed by Yuichi Kimura, as well as Kimura’s Omelette Rice, and did arrangement for Yattaman. He has worked on many other movies and artist recordings and concerts.

More recently, in 2014 and 2015 he did arrangement and conducting for “THE MUSIC DAY”, a special music program from Nippon TV that shows collaborations between orchestra and pop artists. In 2014, he performed with Koji Tamaki, Tomomi Kahala, Sukima Switch, and Mai Kuraki, and in 2015 Akira Kobayashi, Yo Hitoto, Yuzu, and Ken Hirai.

In November of 2014, Fujiwara made news for arranging and conducting for Luna Sea’s first official album in 19 years, “SYMPHONIC LUNA SEA-REBOOT”. He has released a series of original albums telling the tale of the 4 seasons, called quatre saisons series. Scenario de la saison – automne for Fall, Scenario de la saison – hiver for Winter, Scenario de la saison – printemps for Spring, and Scenario de la saison – ete for Summer. With splendid guest collaborations, the albums have generated quite a buzz.